出産祝い、誕生祝い
出産祝い、誕生祝い > 初節句 > 初節句の祝い方

初節句の祝い方

初節句は盛大にお祝いします!

初節句は、子どもが生まれて初めて迎える節句で、2年目以降の節句より盛大なお祝いをします。男の子は端午の節句(5月5日)のことをいい、女の子は桃の節句(3月3日)になります。
 

節句は、もともと節供という字をあて、江戸時代に定められた五つの節供(1月7日七草の節供、3月3日桃の節供、5月5日端午の節供、七月七日七夕の節供、九月九日重陽の節供)の内の二つです。
節目となる特別の日に、神様にお供え物をし、人が集まって食を共にするのが節供の慣わしで、神を鎮めたり魔除けの意味を持つことから転じて、子供の成長を祝うと同時に幸福な将来を祈るものとなったのです。

 

初節句に招かれたら

022

以前は、初節句といえば親戚・縁者がお祝いを持って集まりました。しかし、現在は祖父母と両親、そして赤ちゃんでホームパーティ形式で行うことが多くなってきました。
 
初節句に招待された場合、すでに人形などの飾り物を送っている場合は特別のお祝いを持参する必要はありません。
お祝いを贈っていない親族は、人形などを贈るかお金を包むのが一般的です。

 

初節句の祝い方

021

初節句はその名のとおり、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことです。生まれてから決まった日におこなうお宮参り(31日目(男の子)、32日目(女の子))などとは異なり、生まれた時期で月齢の差が出ることになります。男の赤ちゃんで、1月に生まれ場合4ヶ月前後で初節句を向かえ、6月生まれなら1歳近くで初節句を迎えることになります。
 
ただし、生まれてすぐで節句があまりに近い場合(だいたいの目安として生後3ヶ月以内)は、次の年に初節句を繰り延べることが多いようです。
長男・長女は盛大にお祝いしますが、もちろん次男・三男、次女・三女の場合も盛大にお祝いしてあげましょう。