出産祝い、誕生祝い
出産祝い、誕生祝い > 出産祝い > 出産祝いの表書きとマナー

出産祝いの表書きとマナー

出産祝いの表書きは、「御祝」「御出産御祝」「御安産御祝」が一般的です。

 

出産祝いの表書き(熨斗)

 

出産祝いは誕生前に贈るのは禁物です。万が一のことを考え、赤ちゃんが無事に生まれた連絡が入ってから届けます。具体的には、お七夜とよばれる命名日(生後7日)からお宮参り(生後1ヶ月)までの間が一般的です。

出産祝いの相場

贈り物をするときは、気持を添えて贈ることが大切です。何でもいいと適当に贈り物を決めること無く、きちんと気持が伝わるものを選びましょう。また、贈る方のことも考慮し、失礼のない出産祝いの贈り物を選ぶことも大切です。
 
出産のお祝いの品で人気なのが、新生児用の下着や洋服ですが、成長の早い新生児ですからすこし大きいものを贈るようにしましょう。
 
現在は、ほとんどが病院で出産し、産後1週間は入院しています。したがって、直接会って渡す場合は、お母さんと赤ちゃんが退院する2~3週間後が目安です。また、お母さんの体調を確認した上で訪問するのがいいでしょう。
ただ、この期間は両親とも育児疲れで余裕が無いのも事実です。訪問せず宅急便などで出産祝いを届けることも一案です。
ただし、目上の方に贈るときは、必ず送り状を添えることを忘れずに。