出産祝い、誕生祝い
出産祝い、誕生祝い > 初誕生 > 初誕生の祝い方

初誕生の祝い方

初誕生の祝いは、赤ちゃんの満1歳の誕生日をお祝いする行事であり、赤ちゃんが生まれて初めて迎える誕生日は感慨深いものです。

 

007日本は昔から、正月が来るたびに一つ年を取るという「数え歳」という年齢の数え方をしていました。したがって、近年まで欧米のように誕生日を祝うという習慣はありませんでした。ただ、赤ちゃんが誕生して初めて迎える誕生日だけは例外で、盛大に行われていました

 

祝い方は地域により異なりますが、餅をついて背負わせたり、踏ませたり習慣が全国的に見られます。また、そろばん、筆、ものさしなどを並べて、赤ちゃんがどれを取るかで将来を占うこともありました。これも、地域によってさまざまですので、祖父母など年配者に聞いてみるのがいいでしょう。

 

現在は、初誕生の祝い方の特別のルールはありません。ケーキを用意し、ご馳走を作って祖父母や兄弟など内輪の人だけで行うことが一般的です。特別なお祝いはしなくとも、赤ちゃんの姿を写真やビデオに残しておくことが記念になります。
その他、「祝い餅」は和菓子屋さんで、「子供の1歳の誕生日用の餅」と言って注文すれば特別に作ってもらえる店もあります。